教室ブログ

HOME > 教室ブログ > 2021年06月の記事

2021年06月の記事|一覧

6/5(土)に「インター高校生のための学習・進学セミナー」をオンラインにて実施しました。

シンガポールのインター校からの大学進学に向けて、海外大学、国内大学(帰国枠・総合型選抜)など、大学入試の概要とスケジュールを中心に、全体像を分かりやすく説明をしました。また、IBDP取得予定者と非IBDP生それぞれに、今から何を意識してどのように準備しておけば良いか、教科の視点でもお話をしました。

オービットは、中学受験から大学受験までワンストップでサポートしています。最終的な進路選択である大学受験指導までできるからこそ、小中学生に対しても、目先の受験だけではない、将来を見据えた進路指導が可能となっています。

※参加者アンケートより(一部抜粋)

・帰国生の大学受験について、進学先や入学時期ごとに詳しく説明いただき、まだおおまかにも進路方針を決めていない子供にとっても、大変参考になりました。特に子供にとっては、早めに進路方針を固める重要性や、今後の学生生活で何に重点を置くべきかについて考える、大変いい機会になりました。

・今のうちから将来何をやりたいのか?それにはどんな学部に進むのか?を考えて決めなければいけないのが難しいと思いました。

・具体的に何をいつやるべきか、が時系列で説明されていたのでわかりやすかったです。

・日本の大学を受験する場合の願書提出の時期、帰国子女枠の条件がとても考えさせられました。帰国子女枠でペーパー試験で受験するのはとてもハードルが高いことを知りました。留学生枠で9月入学の日本の学校をリサーチしなければと気づかされました。時事問題の小論文クラスの受講も前向きに考えています。

・現在インター通っているので、本人も少しだけ海外大学への興味を持っています。海外大学情報は未知なので、今回話を聞いて、海外大学入学するには何が必要なのか、というのを初めて知りました。

・今回が初めてだったので、日本の大学受験(4月入学)の流れ、選考基準への対策などとてもよく分かりました。ありがとうございました。

 

今回は保護者とご一緒に視聴されていた生徒が多かったようです。これを機に、ご家族でも進路についてしっかりと話し合いをしてほしいと思います。

8/28(土)には、第2弾の「インター高校生のための学習・進学セミナー」を予定しています。次回は、TOEFLやIBDPのスコアと大学入試結果の相関関係等のデータを示しながら、具体的な対策をお話しする予定です。

ページトップへ