教室ブログ

HOME > 教室ブログ > 2020年10月の記事

2020年10月の記事|一覧

10/8(木)、9(金)の2日間、計4回にわたって、「後期保護者会」を実施しました。今回もオンラインでの実施となりましたが、たくさんの方にご参加いただきました。

コロナ禍により、学習面や進路選択の面において影響が想定される中、オービットでの取り組みの工夫や、ご家庭で気を付けていただきたいことなど、各科目担当からも具体的にお話をさせていただきました。

 

冒頭、ワールドクリエイティブエデュケーショングループ代表の後藤敏夫から、日本国内において英語で学位が取得できる大学・学部が増えてきている具体例を紹介しながら、大学進学において、日本国内でもさらに選択肢が広がっていることと、海外での学習の重要性をお話しました。

 

オービット教室長の満仲孝則からは、コロナ禍による中学・高校受験、編入の予想される傾向の変化とその対策や心構え、海外からの学校選びの視点について、お話をしました。

 

各教科担当から、オービットでの教科学習の取り組みと、ご家庭での注意点などをお話しました。

 

■小3・4の部

国語科 満仲 「国語力が伸びる子、伸びない子の違いとは?」

算数科 浜田 「算数を得意にするために~その一言が苦手を作る~」

英語科 今村 「with コロナ時代の効率的な英語習得法」

■参加者アンケートから(一部抜粋)

・全般的に、オービットという塾がどういう考え方で、子どもたちの未来、そしてそこへの段階としての今を捉えているかという全体的な方向性が見えて、参考になりましたし、共感できました。

・他者意識の育て方を具体的にお伺いできてよかったです。

・国語力を身につける為の子供への働きかけなど参考になりました。

・算数の教え方、暗記させないで考えさせること。国語、他者意識の話。英語、年齢による効果的な学習法など興味深い話がたくさんありました。

・本人が算数に苦手意識があり、家で算数を学習している時にどのように声をかければいいのか迷いがあったのですが、算数の先生のお話を伺って、声かけの仕方に迷いがなくなりました。

・英語で学ぶ環境が今後日本の教育現場でどこまで浸透していくのか楽しみです。

・全体的に、この塾にしてよかったなと毎回感じられる内容で感謝しています。

 

■小5の部

国語科 満仲 「国語力を伸ばす『他者意識』の高め方」

算数科 浜田・橋本 「この時期の算数学習~『受験算数は高レベル』は誤り~」

英語科 今村 「with コロナ時代の効率的な英語習得法」

■参加者アンケートから(一部抜粋)

・満仲先生の「他者意識を培うことが大切」や「中学受験は精神的に大人になることが必要」というお話を聞いて、テクニックだけの受験勉強ではなく本質的な学び方について教えて下さっていることを再認識しました。

・中学受験をさせるかさせないかには、確固たる意志が必要ということ。算数、国語において受験させる場合、何が変わってくるのかという話が聞けて良かった。 結論ありきではなく、話し合う、生徒さんの事例など、大変ためになるお話でした。 三科どのお話も心に刺さる内容で、改めて参加して良かったと思える大変有意義な保護者会でした。

・全体的に内容が濃く、大変勉強になりましたが 、受験算数と学校算数、数学との比較 、楽しむことが大事 、国語での問題作成者の視点 、英語を学ぶではなく英語で学ぶ時代 などが特に印象に残りました。

・他者意識を持たせるための問いかけ等、日常の中で国語力を伸ばすことが出来るということがわかり、日々の何気ない家族の会話のなかで少し意識して問いかけをしてみたいと思います。

・算数を楽しむ、という言葉が印象的でした。楽しみを感じながら学ぶことができないのであれば、受験は今する時ではないのかなと考えさせられました。

・満仲先生からの進学先を選ぶポイントに関するお話が大変参考になりました。学部にまで注目というのは目から鱗でした。

 

10/8(木)、9(金)の2日間、計4回にわたって、「後期保護者会」を実施しました。今回もオンラインでの実施となりましたが、たくさんの方にご参加いただきました。

コロナ禍により、学習面や進路選択の面において影響が想定される中、オービットでの取り組みの工夫や、ご家庭で気を付けていただきたいことなど、各科目担当からも具体的にお話をさせていただきました。

 

冒頭、ワールドクリエイティブエデュケーショングループ代表の後藤敏夫から、日本国内において英語で学位が取得できる大学・学部が増えてきている具体例を紹介しながら、大学進学において、日本国内でもさらに選択肢が広がっていることと、海外での学習の重要性をお話しました。

 

オービット教室長の満仲孝則からは、コロナ禍による中学・高校受験、編入の予想される傾向の変化とその対策や心構え、海外からの学校選びの視点について、お話をしました。

 

各教科担当からは、オービットでの教科学習の取り組みと、ご家庭での注意点などをお話しました。

 

■日本人学校中学生の部

国語科 内田「中1・2の時期に持たせたい『大人の視点』」

数学科 畠山「数学における現状の問題点と今後の学習法」

英語科 今村「近年の高校受験と英語学習」

■参加者アンケートから(一部抜粋)

・これからの日本での大学において、国立私立問わず、卒業するまで英語で授業をする学科が増えていくだろうというお話を聞けて新鮮だった。高校受験の英語科テストも内容把握や記述問題が増えていて驚きました。

・高校受験の先、大学入試に向けて今すべき事をお話ししてくださり大変為になりました。目先の試験の結果だけではなく広い視野を持ち見守っていきたいと思います。

・どのお話も今だけの事に限らず、将来大人になってからも必要になってくるものばかりで、この年齢から少しずつでも意識していってくれたら、勉強以外の部分でも成長してくれそうだと感じました。

・国語で「大人の思考を」というお話。家庭でもできることをやっていきたいです。また英語の入試傾向など非常に興味深かったです。

・今後の入試の流れや現在の状況下での進学準備状況などがよくわかりました。本塾で培われる学習力や人間力についてのお話には大変感銘いたしました。これからの時代はまさに必要となる生きる力かと思います。

・量ではなく質を重視した学習が高校受験、さらにはその先に繋がると感じることができました。

 

■インター校中学生の部

国語科 内田「中1・2の時期に持たせたい『大人の視点』」

数学科 浜田「インター校生にとっての数学~日本式とインター校式の違い~」

英語科 今村「インター校生の英語学習法の嘘と本当」

■参加者アンケートから(一部抜粋)

・後藤先生のお話でグローバル系の大学受験で、TOEFLなどのスコアがどれくらい必要か、具体的な数字で知れた事は良かったです。

・浜田先生の、日本式とインター式の違い、進路別数学学習の留意点について、非常にわかりやすく、理解しやすくまとめてお話いただき、大変助かりました。 内田先生の、「大人の視点」を持てるようになるために、という、親も切実に知りたい事柄について、過去問題なども混じえてわかりやすくご説明いただき、とてもためになりました。

・浜田先生のお話で、進路を自分で考えるということを子供にお話ししてくださっているのはとてもありがたいと思いました。

・各教科担当の先生のお話全てが参考になりました。入塾後、初めての保護者会だったため、どんな先生がいらっしゃるのか、把握することが出来て安心しました。魅力的な先生が多数在籍されていて今後が楽しみです。

・息子は毎週「オービット」を感じてはいますが、親の私が久々にそれを感じることが出来ました。 ただ「点数が良ければ!」を求めていない、「学びの意義、楽しさ、相互性を味合わせてくれる」。そうだった、ただの塾にいれたんじゃなかったんだった、と思い出しました。笑

今年もいよいよ「海外入試」の時期がやってきました。シンガポールでは日本よりもひと足早く、10月中旬から入試が始まります。

例年と異なり、今年はコロナ禍による影響で、入試のあり方が大きく変わりました。受験のために複数回にわたって一時帰国をすることが困難なことや、数多くの学校がシンガポールにて海外現地入試を実施していたのが、オンライン入試に変えたことで、受験生の受験校の選択や動向に大きく影響を与えています。

そんな中でもオービットの生徒たちは、単なる受験のための勉強にとどまらずに、先を見据えた本質的な学習をしてきたことで、入試のあり方が変わっても、変化に惑わされずに対応できました。

 

今年も第一志望の受験も含めて、オービットからは受験生全員がオンライン入試を含む海外入試に臨みます。今年の小6・中3の受験学年も、これまでに途中で本帰国してしまった生徒がかなり多い世代で、昨年同様、極めて少ない人数ですが、その分、仲間の結束力は非常に強い学年です

 

先日、今年初めての、受験生送り出しの恒例の儀式、「一本締め」が行われました。

resize_DSC09419

例年であれば、受験学年だけではなく、非受験学年の生徒も集まり、学年の垣根を超えてみんなで受験生を激励していましたが、今年はコロナ禍による影響で、セーフディスタンスを図りながら参加者を受験生に絞って行いました。

 

心から励ましあいながら受験に立ち向かえる仲間がいるのは心強いですね。オービットがお互いを高め合える素晴らしい学習空間だと感じられる光景の一つです。

今持てる力を最大限に発揮できるよう、オービット生全員で健闘を祈っています。

 

ページトップへ