教室ブログ

HOME > 教室ブログ > 2020年04月の記事

2020年04月の記事|一覧

4/27(月)に日本人学校新中1生対象の「高校入試セミナー」を実施しました。今年は、外出制限の状態でしたので、オンラインでの初めての試みでもありましたが、約30名の日本人学校生が参加してくれました。

IMG_5481

まず、大学入試改革をはじめとする教育改革がなぜ行われているのかを、現在の世界がどのように変化しているか、今後どのような人材が求められているかといった視点を踏まえて、これまでの勤労観の歴史やAIの進展などを紹介しながら説明をしました。

次に、来るべき高校入試に向けて、どのような準備を始めればよいか、高校入試の問題の変化の変遷を紹介しながら、新しい時代に求められる学習方法とその意識の重要性と必要性を話しました。

最後に、高校入試や日本人学校中学部で実施される「総合考査」に向けての日々の準備とオービットでの対策を説明しました。

 

単なる目先の試験対策のための勉強ではなく、将来の職業や世界情勢の変化などからの逆算で勉強を考えるのが、まさにオービットらしいところです。

このセミナーの内容を踏まえて、近い将来の高校入試と、日々の授業の受け方や勉強の仕方などにどのように反映させていけばよいかを考える良い機会になったのではないでしょうか。

 

※終了後の生徒アンケートから(一部抜粋)

・将来からの逆算をすることで今の自分に何をしたらいいのかがわかった。

・自分にしかできないこと、油断せずに授業での内容をしっかり定着させることが大切だと感じた。

・将来の仕事のことや、受験のことなどを考えるようになりました。ためになりました

・今後のために役立つセミナーだったので、個人的にすごく良かったです。

・高校入試について、どのように力をつけて行けばよいかイメージが湧きました。

・将来、なにが求められるのかということをわかりやすく理解することができた。また、どのように内申点を上げるのか、いつから気をつけたらいいか理解できた。

・今後の勉強について知ることができました。苦手だなと感じたけど、今後のためにやらなければいけないと思いました。

・高校受験はまだ先だから大丈夫だと思っていたけど、今から気をつけないといけないことが多くて正直驚きました。なので頑張ろうと思います。

ページトップへ