教室ブログ

HOME > 教室ブログ >  > 海外入試が始まりました

教室の日々

海外入試が始まりました

2020.10.12

今年もいよいよ「海外入試」の時期がやってきました。シンガポールでは日本よりもひと足早く、10月中旬から入試が始まります。

例年と異なり、今年はコロナ禍による影響で、入試のあり方が大きく変わりました。受験のために複数回にわたって一時帰国をすることが困難なことや、数多くの学校がシンガポールにて海外現地入試を実施していたのが、オンライン入試に変えたことで、受験生の受験校の選択や動向に大きく影響を与えています。

そんな中でもオービットの生徒たちは、単なる受験のための勉強にとどまらずに、先を見据えた本質的な学習をしてきたことで、入試のあり方が変わっても、変化に惑わされずに対応できました。

 

今年も第一志望の受験も含めて、オービットからは受験生全員がオンライン入試を含む海外入試に臨みます。今年の小6・中3の受験学年も、これまでに途中で本帰国してしまった生徒がかなり多い世代で、昨年同様、極めて少ない人数ですが、その分、仲間の結束力は非常に強い学年です

 

先日、今年初めての、受験生送り出しの恒例の儀式、「一本締め」が行われました。

resize_DSC09419

例年であれば、受験学年だけではなく、非受験学年の生徒も集まり、学年の垣根を超えてみんなで受験生を激励していましたが、今年はコロナ禍による影響で、セーフディスタンスを図りながら参加者を受験生に絞って行いました。

 

心から励ましあいながら受験に立ち向かえる仲間がいるのは心強いですね。オービットがお互いを高め合える素晴らしい学習空間だと感じられる光景の一つです。

今持てる力を最大限に発揮できるよう、オービット生全員で健闘を祈っています。

 

ページトップへ