教室ブログ

HOME > 教室ブログ >  > 保護者に聞きました【後編】

教室の日々

保護者に聞きました【後編】

2020.01.14

シンガポールの教育マガジンSpring(新年号)』、および、フリーペーパー『週刊SingaLife(新年合併号)』内の「学習塾特集」にて、オービットの記事が掲載されました。記事内の「保護者に聞きました」のコーナーにスペースの関係で掲載できなかったコメントを抜粋してご紹介します。

 

【2019年秋に実施した「保護者アンケート」より】(抜粋)

Q.オービットを選んだ理由、他塾にはない教育サービスの良さ・強みについて、率直にお聞かせください。

【小6】

・塾教育の枠組みを超えて、今後の変わりゆく日本の教育を見据えた上で、今後の人生や生き方全体を模索させてくれるようなスケール感や哲学観。本質的アプローチ。

・独自の理論とそれに裏打ちされた自信は、保護者にとっての安心感です。また個々を学校の先生以上によく見てくれている点、授業外のケアも細やかでありがたいです。

・楽しみながら学んでいる、学問だけではなく、様々な知識を織り交ぜて指導してくれるところ

・英語の読解力を鍛えられそう、母国語の言語技術を学べる、数学の新しい概念に触れる楽しさを大切にするという考え、将来何をやりたいか?を考えさせ、逆引きで進路を考えるところ

・先生達が面白く、授業が楽しい。先生と生徒が意見を交換しながら授業が進む。きめ細やかにフォローしてくれる。

・思考力や表現力が身につくと思い、オービットを選びました。

・双方向な指導、子どもの意見に耳を傾けてくれるところ

・考えさせる勉強

・受験ありきではないところ

・難関中学や高校に合格させることが目的ではないところ、子どものやる気を引き出すのがうまいと思います。

・受験や試験ばかりにフォーカスしていない点

・生徒一人ひとりに対し、きめ細かい指導を期待して入塾させました。

・理解を促す指導を行ってくださるところ

・「勉強が苦手!」と言っていた息子には合っている塾だったのかなと思う。

・息子のような自由人を受け入れていただける。

 

【中1】

・受け身の授業ではなく、考えること、自分の意見をもつこと、他の人の考えや意見をきくことなどを大切にしている点

・一人ひとりの個性を見てくれ、その子に合ったアプローチをしてくれる点

・他の習いごともしつつ勉強をできる点、わかりやすい授業、楽しい先生方

・人間としての成長を望める点、テキストの内容や先生方のお話は聞いていて親でも楽しい。

・各教科、授業内容が興味深く面白い、一人ひとりの個性を理解して頂き有難い。

・新しい制度に関して常にアップデートしている。インター生への対応や進路にも詳しい。

・雰囲気(子供が楽しく通うことができる)

・漢字、単語テスト

・暗記するばかりではない勉強方法

・先生方が親身になってくれる点

・インタラクティブな授業

・インターナショナルスクール生への対応

・インターに通っている子どもたちに、インター用の補習や授業があること

・日本人学校生が半数いる点

・同じ先生が、小中高全てを見ている。

・授業以外のフォロー、英語教育

・生徒一人ひとりを良く見てくださる。将来を見据えた指導をして頂ける点

・息子の逃げ腰な態度を見逃さず、あきれずにご指導いただける点

・インター生用の授業と、日本人中学校生用の授業を組み合わせることができる、インター生用の英語の授業がある。

・インター校生がたくさんいるので、生活環境が似ている友達がいて、学習面、生活面で相談ができる。

・知識の詰め込み型の学習ではない点。エッセイの宿題があること、ネイティブの先生との授業もあること

・インター校生に合わせた指導、カリキュラムの提供をしてくれる。

・英作文の添削

・帰国受験対応

 

【中2】

・本人の個性、気質を短期間でよく見ていただいているな、と感じます。

・先生方の雰囲気が温かく、本人が通塾を嫌がらないこと。英語の授業は日本人、ネイティブ両方の先生に教えて頂けること

・画一的ではなく、子ども一人ひとりを見てくれて、それぞれに合った対応をしてくれるところ

・英語のレベルが高いこと

・弟が通塾し、先生方を信頼しているため。

・先生方が温かく、親身になってくれること。子供がオービットが好き。

・先生方の指導力が高い。全体からの自分の位置を知れる。

・インター生が多いので、学校と塾の勉強を両立しやすい。

・少人数で個人に目が届きやすい。

・英語の4技能

・インター校生の学習特性に合った子女教育

 

ページトップへ