教室ブログ

HOME > 教室ブログ >  > 小6対象「中学準備コース説明会」を実施しました

説明会・セミナーレポート

小6対象「中学準備コース説明会」を実施しました

2019.09.19

9/13(金)に現小6対象の中学準備コースの「中学準備コース開講説明会」を実施しました。10月から開講するこの「中学準備コース」では、中学進学を控えたこの時期を有効に過ごすために、何を意識しどうすべきかを、具体的なお話を交えながらお伝えしました。

resize_DSC07262

 

ワールドクリエイティブエディケーショングループ代表の後藤敏夫からは、「TOEFL項目別世界ラインキング」の表を示しながら、日本の学生のスコアの低さに警鐘を鳴らし、世界で活躍するためには、単なる入試対策の英語ではなく、TOEFLのようなアカデミックレベルの英語力が必要であること、また、時代のニーズをもとに、大学入試において民間試験が導入され始めていることをお話しました。

resize_DSC07277

 

各教科担当者からは、中学準備コースでの指導方針について、各教科の指導の具体例を交えながらお話ししました。

国語科 多様性ある社会で必要な論理的表現力を磨く「言語技術」

resize_DSC07298

数学科 計算練習だけではできない、効率の良い数学学習法の土台づくり

resize_DSC07328

英語科 受験英語が死語になる~バランスの良い英語力を身につけるために~

resize_DSC07349

 

最後に、教室長の満仲孝則からは、小6生という中学入学前の時期が、正しい学習スキルを身につけたり、矯正したりする最後のチャンスであり、これからの時代に必要な能力を適切な時期に適切な環境で鍛えることの重要性をお話しました。

そして、大学入試改革の目的、趣旨を踏まえ、これからは入試のためだけの教育ではなく、その先を見据えた継続教育が必要であること、その視点で高校受験といった進路を考えるべきであることをお話しました。

resize_DSC07361

 

参加された保護者の方々はみなさん最後まで熱心にメモを取られるなど、教育に対する意識の高さを改めて感じさせられました。

また、説明会終了後には、早速、いくつか新規の入会カウンセリングや授業体験のご予約をいただくなど、ご興味をもっていただけたようです。

 

単なる教科学習の先取りではない、グローバル時代に必須の抽象思考・論理的表現力の早期訓練と、国際教育の基本となるコミュニケーション重視型指導法を取り入れた、オービットの「中学準備コース」をぜひご体験ください。

ページトップへ