コースを探す

HOME > 英語コース

英語コース

カリキュラムチャート

英語コースの特長
  • POINT1 低学年の強みを徹底的に活かした「シャワー型」英語学習
    低学年から英語学習を始める一番の強みは、発音とリスニングの伸びの早さ、そして感覚的に英文を捉えることができる頭の柔らかさです。オービットの小学低学年の英語クラスではネイティブ講師がシャワー型にて指導を行う一方、日本人講師が理解を促進する指導をします。
  • POINT2 「4技能」のバランスの良い学習法の基礎を築く「読み」と「書き」
    将来世界で活躍できる英語力を養成するには、「読む」「書く」「聞く」「話す」のいわゆる「4技能」のバランスが必須です。英語学習のスタートの段階から、会話を通して学んだ表現を実際に書いたり、読むことで修得した表現を実際に使ってみたりすることで、4技能のバランスを保ったまま学習をする習慣をつけさせ、今後の英語学習の効率を飛躍的に高めることを狙いとしています。
  • POINT3 オービットだからできる「インター校生のための英語」
    一口にインター校生といっても、滞在歴や学習歴によって英語力は様々です。そのため、それぞれの段階にあわせて「アカデミックな英語力」を身につけるための学習が必須です。オービットではそれぞれの状況を考慮しつつ、突然の帰国・受験に備えられる力も養成しながら、インター校での英語学習体験を「濃縮」することができる「インター校生のための速習プログラム」を用意しています。
ココに注目!
  • 「シャワー型」英語学習で英文を捉える感覚を養成
  • 「読む」「書く」「聞く」「話す」の「4技能」をバランスよく習得
  • インター校生のための速習プログラムも万全

ページトップへ

クラスガイド

小学部コース
学年 クラス 内容
小3~4
日本人学校生向け
Pre-Advanced
English
日常的に使う表現を反復し、英語に親しませる「シャワー型学習」を行います。
小5~6
日本人学校生向け
Advanced
English
英文法学習を取り入れ、構造的に英語を理解させる指導「積み木型学習」を行っています。
小4~5
インター生向け
ESLサポート 語彙や表現力の指導はネイティブ講師が行い、リスニング力の向上を狙い、ESLの期間短縮をめざします。
小5~6
インター生向け
Inter Grammar インター校生を対象として、日本人講師が日本語でしっかり文法を説明し、正しい文構造を学びます。
中学部コース
学年 クラス 内容
中1~中3
日本人学校生向け
英語β 高校受験に必要な高1の文法単元までを3年間で確実に積み上げます。
中1~中2
(オプション)
Upper Advanced
English 1/2
高校受験の決め手となる「読解」と海外生の強みである「表現力」を養成、英語力を引き上げていきます。
中1~中3
インター校生向け
中学部Inter Grammar 語彙の学習法矯正と文法力強化、徹底した精読で、中3時点でTOEFL iBT 80以上を目指します。
高等部コース
学年 クラス 内容
G9~G11 EAP
(English for Academic Purpose)
Close Reading(精読)を通して、文法力と、語彙力を身につけ、アカデミック英語の土台を養成します。目標はTOEFL iBT60以上となります。
G11~G12 TOEFL Preparation ListeningとReadingを中心に得点力を高め、高得点になりにくいReadingと、稼ぎどころであるListeningの得点を安定させます。目標はTOEFL iBT80以上となります。
G11~G12 TOEFL Exercise WritingとSpeakingを中心に、高得点取得に欠かせないテクニックを伝授し、サポートします。TOEFL iBT100以上を目指します。
入塾・クラス体験に関してはお気軽にお問合せください

ページトップへ