教室ブログ

HOME > 教室ブログ > 2018年04月の記事

2018年04月の記事|一覧

5~6月は、多くの学校がシンガポールにて学校説明会を開催するシーズンです。この学校説明会には、「進学する/しない」「進学できる/できない」に関わらず、ご参加いただくことをお勧めしています。例えば、「このエリアには帰国しない」「男子校/女子校なので、ウチの子は受けられない」というような状況であっても、聞く価値があるものです。理由は次の3点です。

 

①現在の教育界における「キーワード」が確認できる

2020年の大学入試改革や、グローバル化など、各学校が問題意識を持っている共通のポイントを知ることによって、最終的に志望校・進学先を絞り込んでいく時点でチェックすべき観点を整理することができます。たとえば、「どの学校も○○という問題意識を持っていたけれど、これに対してこの学校はどのように対処しているのかな」という見方ができるようになります。

 

②好みの学校のタイプを知ることができる

学校の説明会には、学校の持つ特有の雰囲気やカラーが表れます。それらの「アナログ」な学校情報は、学校便覧などでは確認できないものです。好みの学校のタイプが分かれば、その学校に雰囲気の近い学校で、帰国時期・エリアや条件に適う学校を探してみることができます

 

③長期的視点に立った、子どもの教育プランを考える機会になる

当然のことながら、学校は入学してきた生徒たちをどう育てるかという視点で教育を考えています。ともすると、目先の受験準備に囚われがちになってしまうところで、数年先において何を子どもたちに学ばせたいか・学べるのかを考える機会があれば、今の環境において、受験準備以外にしておくべき経験・体験もイメージできるようになります。

 

オービットはグローバル教育に力を入れている学校や帰国生の受け入れに積極的な学校から高い評価をいただいていることもあり、多くの学校にオービット生のためにオービットや日本人会にて学校説明会を実施していただいています。

シンガポールで学校説明会に参加できる機会を、ぜひ積極的に活用してください。

 

近年、保護者の方の海外赴任に伴い、私立中・高に在籍しつつ、いったん休学(あるいは退学)して、シンガポールに来てインター校に編入する生徒が増えてきています。なかには、シンガポールの恵まれた学習環境を引き続き希望して、復学をせずそのままインター校を卒業して大学受験を目指す方もいます。オービットでは、インター校から大学受験を目指すコースはもちろんのこと、復学予定の方にも対応できるコースを用意しています。実際に下記の学校に在籍の生徒がオービットに入会され、将来の復学、あるいは大学受験に向けて勉強をされています。今後、シンガポールへのお子さまの帯同をご検討の方や、シンガポールでの教育・進路方針にお悩みの方もぜひオービットにご相談下さい。

■私立中高からのオービット入会者の所属学校(過去4年間・五十音順)

・浅野中学・高等学校

・麻布中学校高等学校

・市川中学校・高等学校

・栄光学園中学校・高等学校

・桜蔭中学校高等学校

・鷗友学園女子中学高等学校

・大妻多摩中学高等学校

・かえつ有明中・高等学校

・学習院中等科・高等科

・加藤学園暁秀中学校・高等学校

・神奈川学園中学校・高等学校

・神奈川大学附属中・高等学校

・関西学院千里国際中等部・高等部

・共立女子中学高等学校

・慶應義塾女子高等学校

・攻玉社中学校・高等学校

・神戸女学院中学部・高等学部

・國學院大學久我山中学高等学校

・栄東中学・高等学校

・実践女子学園中学校高等学校

・品川女子学院中等部・高等部

・女子学院中学校・高等学校

・渋谷教育学園渋谷中学校・高等学校

・頌栄女子学院中学校・高等学校

・成蹊中学・高等学校

・成城学園中学校高等学校

・聖心女子学院中等科・高等科

・清泉女学院中学高等学校

・青稜中学校・高等学校

・洗足学園中学高等学校

・桐蔭学園中学校高等学校

・東京女学館中学校・高等学校

・桐朋中学校・高等学校

・東洋英和女学院中学部・高等部

・藤嶺学園藤沢中学校・高等学校

・日本大学第三中学校高等学校

・茗溪学園中学校高等学校

・三輪田学園中学校・高等学校

・山脇学園中学校・高等学校

・洛南高等学校・附属中学校

・立教女学院中学校・高等学校

・立命館宇治中学校・高等学校

ページトップへ