教室ブログ

HOME > 教室ブログ > 2016年01月の記事

2016年01月の記事|一覧

1/17(日)に教育セミナー「新しい受験の傾向と対策」を実施しました。今回のセミナーも日曜日の実施とあってか、多くのお父様にご参加いただきました。またいつものセミナー同様、ほとんどの方がオービットにお通いでない方のご参加でした。最後までメモを取りながら熱心に耳を傾けていただいた姿に、オービットに課せられた使命として、今後もシンガポール在住の保護者の方にとってお役に立てるような情報発信をしていきたいと改めて思いました。

resize_DSC02378 resize_DSC02392

resize_DSC02407 

まず、ワールドクリエイティブエデュケーショングループ代表の後藤敏夫から、急速なグローバル化および人口減少時代への突入が教育に及ぼす影響として、スーパーグローバル大学の取り組みをはじめとする日本の大学の改革を紹介しました。また、日本の大学のみならず、インドネシアの大学の英語教育化の取り組みも紹介しながら、昨今の教育のグローバル化の流れは日本のみならずアジア各国へも影響を及ぼしていること、これからの競争相手はアジア各国の優秀層となることをお話しました。

resize_DSC02370 resize_DSC02376

 

教室長の満仲孝則からは、大学入試センター試験の廃止や小学校での英語の教科化などの教育制度改革が新しい中学・高校入試に及ぼす影響を踏まえ、近年の入試問題の傾向を分析しながら、これからの時代に求められる学力像・生徒像を具体的に提示しました。

そして、帰国時期のタイミング別に想定される進路の選択肢を個別に提示した上で、シンガポールからの中学入試における一般枠・帰国枠のそれぞれのメリット・デメリットを踏まえ、在星保護者の方が採るべき今後の具体的指針の視点をお話しました。また、あまり情報がないといわれる中学編入についての実態と対策もお話しました。

resize_DSC02394 resize_DSC02405

 

教務主任の浜田昌樹からは、海外からの高校入試のトレンドを実際の入試問題を紹介しながら分析し、特に難化する英語を見据えた、受験を成功させるための戦略について、オービットの過去の生徒の具体的事例を紹介しながらお話しました。

また、日本人学校、インター校別・学齢別・科目別に、国内とは異なるシンガポールの学習環境を強みにする具体的な受験対策を提示しました。

resize_DSC02425 resize_DSC02428

 

新学年への切り替りが近づきつつあるなか、受験準備をどうするか、受験方式と学習方法についても判断が迫られているかと思います。今後の進路方針の決定とその準備の参考にしていただけたのではないでしょうか。

おかげさまで「オービットは教育情報の発信の質・量がシンガポール随一」との評価をいただいております。今後もオービットは在星保護者のためにお役に立てる情報を積極的に発信してまいります。

 

終了後の参加者アンケートから(一部抜粋)

・大変ためになりました。シンガポールにいるアドバンテージを活かしつつ、子供の個性と学力を伸ばせるために今、何ができるか、しっかりと考えたいと思います。有難うございました。

・2020年以降の学校側が求める人材等の傾向がよく分かりました。

・受験の考え方がわかりました。

・受験の経験が自分には「高校受験(一般枠)」しかなかったので、とても分かりやすかった。

・日本から出ているからこその客観的に(世界から見た)日本の学習環境がよくわかり大変参考になりました。

・中学入試を検討する上で、一般枠と帰国枠と科目数の違いくらいにしか考えていなかったので、今後を検討する上で、とても役に立ちました。ありがとうございました。

1/13(水)、14(木)、15(金)の3日間、計5回にわたり、「第1回新年度説明会」を実施しました。各回ともたくさんの保護者の方にお越しいただきまして、ありがとうございました。

resize_DSC01892 resize_DSC01955

resize_DSC01967 resize_DSC02131

resize_DSC02186 resize_DSC02193

resize_DSC02137 resize_DSC02314

resize_DSC02335

 

説明会ではまず、ワールドクリエイティブエデュケーショングループ代表の後藤敏夫から、年頭のあいさつとして「グローバル化する日本の教育」をテーマに、スーパーグローバル大学やインドネシアの大学の取組みなどを紹介しながら、「英語を勉強する」のではなく、「英語で勉強する」ことへの意識転換を提唱しました。

resize_DSC01904 resize_DSC02146

 

教室長の満仲孝則からは、大学入試・教育制度改革の本当のねらいや、それが中学・高校入試の動向に及ぼす影響を占った上で、シンガポール在住のメリットを活かしながらどのように進路方針を立てていけばよいか、成功のための視点を、海外生の特性と多様な進路の選択肢を提示しながらお話しました。

resize_DSC01939 resize_DSC02279

 

教務主任の浜田昌樹からは、日本人学校生、インター校生それぞれの特性を踏まえ、シンガポールからの進路を成功させるための各科目の学習ポイントと、それを実現するためのオービットのコースラインナップについて説明しました。

resize_DSC02094 resize_DSC02220

 

オービットの説明会やセミナーは、「他塾の説明会とは趣が異なっていて勉強になる」、との声をよくいただきます。オービットにご興味のある方は、理念・指導方針をご理解いただくためにも、1/20(水)、21(木)実施の「第2回新年度説明会」にぜひお越しください。

 

※参加者のアンケートから(一部抜粋)

【小学生の保護者の方から】

・オービットの説明会はいつも勉強になります。

・塾の説明だけでなく、入試の動向や背景などもお伺いできて大変参考になりました。他の塾との違いも良くわかり説明会に参加させて頂き良かったと思っております。

・今までの教育方針を見直すきっかけになりました。

・特に今後の日本における教育の方向性が分かりやすく、大変参考になりました。ありがとうございました。

・受験に向いている子、向いていない子、中学受験のリスクをガツンと言われ、目が覚める思いです。新小4の一つの判断期にこのような話を聞けてとても役立ちました。

・帰国子女枠で受験できる学校は限られているように思い、一般枠を考えていました。今日のお話でもう一度、子供の性格など考え直さないといけないと思いました。

・新小3年生ということで、受験まで時間があり、全く方向性などを考えていなかったため、もっと先を見据えて、計画を立てていく必要性に気づかせて頂きました。

・初めて説明会に参加させて頂きました。入塾の際にもお話を伺いましたが、更に詳しくオービットの方針等がわかり、今後の動向も知ることが出来てとても良かったです。ありがとうございました。

・来星しまだ間もないのですが、今後のことを含め、色々と家族で考える良い契機となりました。ありがとうございました。

・現在、今後の日本での学習要領、また受験の内容がよくわかりました。また、オービットの学習方針もよくわかりました。

・新小6の子供の今後の学習方針を考えるポイントを色々教えて頂けて良かったです。英語の大切さを再確認できました。

・今日は貴重なお話をありがとうございました。何度か説明会にお伺いしていますが、今までで一番わかりやすい内容で、理解が深まりました。

・1時間半があっという間に終了してしまい、まだまだ先生方のお話を聞いていたかったです。とてもわかり易かったです。ありがとうございました。

 

【中学生の保護者の方から】

・変わらずの力強い説明会でした。

・進路に関する内容で良かったです。

・今後の方針を考えるのに大変参考になりました。ありがとうございます。

・将来の進学に向けて有用な説明会でした。

・勉強になりました。ありがとうございました!

・2020年に向けての各校の動きが分かり良かったです。

・入試が変わるとのことで、勉強のポイントなどとても参考になりました。

・環境に左右されない科目、アドバンテージがあるはずの英語など、興味深いお話が聞けました。

・高校入試の科目別の攻略法がよく分かりました。新中1の初めの段階で聞けて大変ためになりました。このままインター校でいいか?と悩むところですが、今日のお話を聞いて、迷いがふっ切れました。

・インター校生向けに具体的にTOEFLの点数や国語のポイントを説明して頂き良くわかりました。

・貴校の論理的思考力、表現力を養成するための「PISA型」授業と英語教育に大いに期待します。

・高校受験をすることになりそうなので、今回のお話はとてもためになりました。英語力ものばし、TOEFLを受けさせます。ありがとうございました。

・今後の進路について大変ためになる興味深いお話をありがとうございました。

ページトップへ