教室ブログ

HOME > 教室ブログ > 2014年01月の記事

2014年01月の記事|一覧

1/26(日)に新春教育セミナー第3弾「子供の学力を伸ばす学習・壊す学習とは?」を実施しました。

今回のセミナーでは、社会の変化に伴う教育トレンドが変化しているにも関わらず、多くの学習塾や教材、指導法が学力要件の変化に対応できていない実態をご紹介しました。

その後、低学年のお子さまにとっての算数、国語、英語の理想的な学習法について、「考えない算数」を生み出してしまう要因や、言語能力の成長メカニズム、帰国後に伸びる英語力を得るにはどうすればよいか、などのテーマでお話をしました。学力の伸長を阻む誤った学習法の実例もお見せしながらご紹介しましたので、心当たりのある方が多くいらっしゃったようです。

併せて新設の「ガウディアコース」のご案内もさせていただきました。従来の大手プリント演習型の塾とは異なる新しい学習システムですので、保護者の方々もご興味をもっていらっしゃいました。

後々につながる学力の土台を作るためにはどうすればよいか、という観点で低学年時の学習法をご検討いただければと思います。

 

※参加者アンケートから一部抜粋

・だめな学習法の具体例が自分の子供に当てはまるものが多く、反省しつつ、良い学習方法の内容がとても参考になりました。

・算数も国語もイメージでとらえること=真の理解となることが良くわかった。

・国語の勉強の仕方について、イメージ化することが大事ということに共感した。海外にいるとなかなか難しいことだと思うので努力していきたい。

・時代の変化により、求められる要件が変わってきている事が理解できました。

・年齢に合った学習法、内容があり、無視すべきではないとよく分かりました。

・海外にいる小学校低学年の気をつけなければいけない学習法など、とても勉強になりました。

1/21(火)、22(水)に第2回新年度説明会を計4回実施しました。今回も大勢の保護者の方にご参加いただき、ありがとうございました。今回の説明会も前回同様、まず、ワールドクリエイティブエデュケーショングループ代表の後藤敏夫から、ますます進展するグローバル社会の実情をお話しました。

次に、オービットアカデミックセンター教室長の満仲からは、昨今の教育制度改革の実情や今後の展望を占った上で、シンガポール在住のメリットを活かしながらどのように進路方針を立てていけばよいかを、海外生の多様な進路の選択肢を提示しながら説明しました。

そして、教務主任の浜田からは、シンガポールからの進路選択を成功させるための各科目の学習ポイントと、オービットのコースラインナップについて説明しました。

時間をオーバーしたにも関わらず、ほとんどの方がメモを取りながら最後まで熱心に聴いていただき、私どもも保護者の方々の真剣な眼差しに、改めて気を引き締めているところです。

 

※参加者アンケートから一部抜粋してご紹介します。

・今の子供達が社会に出る時には、どういった能力が必要とされるか、そのためには今からどういうふうに勉強を進めていったら良いか、とても参考になりました。グローバルな考え方を重視しておられる御社にとても好感を得ました。

・今後の入試の流れや傾向など、とても勉強になりました。PISA型も私が子供に求めるものと通じているようです。

・グローバル化を見すえての学習内容を考えているのが、とても好感をもてました。

・大変参考になりました。数十年前とはだいぶ状況が変化しているようなので、頭を切り変えて考えたいと思います。

・高校入試の作戦方法、興味深く拝聴致しました。「科目別の学習ポイント」を聞き、今後の課題が見え、大変有意義でした。

・様々な進路に対応し、豊富なコースがあるところがとても良いと思いました。帰国枠受験についてのお話が興味深かったです。

・興味深い説明会をありがとうございました。熱意あふれる先生方のお話に、あっという間の2時間でした。

IMG_1154(TGc)

IMG_1228(TMc)

IMG_1578(MHc)

説明会の追加設定のご希望も数多く頂いておりましたので、2/6、7の両日に第3回新年度説明会を増設しました。今後の学習・進路方針にお悩みの方はぜひご参加ください。

1/19(日)に新春教育セミナー第2弾「間違いだらけの英語学習」を実施しました。今回も日本人学校生向け、インター校生向けの2部構成で、それぞれに異なる適切な英語学習法について、誤った事例も紹介しながらお話をしました。シンガポールは英語学習に関して様々な選択ができる環境にあるので、かえってお子さまにとってのベストな学習方法についてのお悩みやご相談を多く受けます。正しい英語学習法の選択の一助にしてください。

 

※参加者アンケートから一部抜粋

・バランス学習の重要性が非常にわかりやすく理解できました。

・Listening、Speaking重視だけでは、帰国後、伸びないということ、バランスが重要という点が大変参考になりました。

・英会話教室や家庭教師だけでは補完出来ないと感じていたことが、感覚としてあったので、説明に納得ができました。

・現状分析が的確、客観的で大変わかりやすかったです。それ故、勉強の方法論や目標が具体的で参考になりました。

・どのように学習方法を変えていくべきなのか、年齢にあったお話を聞いて、ためになりました。バランスの良い英語学習の話は、とてもためになりました。

・先生のご経験も聞けて、興味深い内容でした。英検は「やはり…。」と再確認しました。

 

シンガポールでの英語学習および今後の進学プランを成功させるためには、英語学習歴や年齢、学校の種別を踏まえた適切な方法で行う必要があります。オービットでは、これら海外生の事情を踏まえた形で各種コースを設定しています。ご興味のある方はぜひお問い合せください。

1/12(日)のセミナー終了後のアンケートからの抜粋です(ほんの一部です)。

・たくさんのデータや経験に基づくお話をありがとうございました。すでに学校選びは済んだ段階ですが、確信が持ててとても有意義でした。この後、英語や他の教科について色々と検討が必要だとわかりました。

・世界の教育の潮流、国(日本)の教育方針の転換を踏まえた今後、子供にどのような教育を当地で受けさせれば良いか、よく理解できました。日本人学校生として補強すべき点の重要性も理解出来ました。

・近年の動向など大変役に立った。特に日本人学校、インター校それぞれのメリット、デメリットなど大いに参考にさせて頂きたいと考える。

・全体の今の教育事情の流れがわかってよかった。すでに子どもが通ってきた道の話でも、なるほどと納得のいった話で興味深かったです。子どもの特性を考えての塾の方針が伺えたので、好印象を受けました。

・PISA型学習についてこれまで全く知りませんでしたので、大変参考になりました。英語と算数・数学の重要性を改めて認識できました。

・現代の子どもの学校環境の知識は皆無でしたので、とても勉強になりました。

1/12(日)に新春教育セミナー第一弾「シンガポールの学校選択と正しい受験準備とは?」を実施いたしました。日曜日に実施したこともあり、お父様にも大勢ご参加いただきました。ありがとうございました。

今回のセミナーでは、まず、教室長の満仲から、教育のグローバル化とそれに伴う入試制度改革のウラ事情を紹介しつつ、海外生にとっての多様な進路の選択肢(中学受験、編入、高校受験、大学受験、インター校編入)に及ぼす影響とそれぞれの特徴を紹介しながら、今までの受験事情とは異なる注意すべきポイントと成功するための秘訣を説明しました。

次に、教務主任の浜田から、受験における英語の重要性の実態と、日本人学校とインター校それぞれの特徴を紹介しながら、シンガポールの生徒が採るべき具体的な学習方法についても提案しました。

盛りだくさんの内容でしたので、終了予定時刻を1時間近くも延長してしまいましたが、ほとんどの方がメモを取りながら、最後まで熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

海外生のためのトータルサポートが可能なオービットだからこそご提供できる内容のセミナーだったかと思います。

オービットは、今後も教育の変革を先読みしながら、有益な情報を発信して参ります。どうぞご期待ください。

説明会終了後のアンケートからの抜粋です(ほんの一部です)。

・目先の事だけでなく、将来の進路を考える良い機会になりました。家族で話し合いたいと思います。

・詳しいこれからの学校教育の変化がわかり、ますますPISA型学力の重要性を感じました。しっかり学習させたいと思います。

・大学入試(センター試験の事)等について、改めてご説明していただけて大変参考になりました。センター試験廃止時期がわかり、息子に関係していく話だと知り、対策を考えていこうと思いました。

・グローバル時代に向けての日本の学校教育の変化や、その為に子供をどう育てていくかなどのお話が聞けて、とても参考になりました。と同時に、息子がちょうど変化していく時期にあたるので、親として子供の適性を見ながら進路を考えていくことのむずかしさも知りました。

・現在の教育改革のことや今の子供達が大人になった将来の状況まで分かりやすく説明していただき、とても充実していました。インター校にも適した塾との評判を伺っていたので、その通りだと思いました。

・インターに通っているだけではアドバンテージにはならない時代になるというお話に危機感を覚えました。

・高校入試、大学入試を受験するにあたり、かなり社会の流れも変わってきているので、勉強の内容も変わってきていると強く感じました。

・とてもわかりやすい説明で英語の重要性を再認識しました。英数国をバランスよく勉強することが大切だと思いました。

・日本人としてアイデンティティを失わず、日本語もきちんとできる真のグローバル人材の育成という点に大変共感しました。

ページトップへ