教室ブログ

HOME > 教室ブログ >  > 中学・高校入試対策セミナーを実施しました

説明会・セミナーレポート

中学・高校入試対策セミナーを実施しました

2014.09.20

9/14(日)午前に「新しい受験の傾向と対策」セミナーを実施しました。

IMG_3873 IMG_3894

まず、ワールドクリエイティブエデュケーショングループ代表の後藤敏夫から、「2020年問題」に焦点を当て、慶應大経済学部のPEARLプログラムや、世界のトップ大学の講義がOnlineで無料受講できるMOOCの例を挙げながら、現在のグローバル化が今後教育界に怒涛の影響を与えることを紹介しました。

IMG_3869

 

教室長の満仲からは、現在の小6生以下の世代から直面する大学入試センター試験の廃止・達成度テストの導入や、小学校での英語教科化などの教育制度改革の真の狙いを解き明かしながら、それに伴う中学・高校・大学入試の大きな改革の方向性を提示しました。

また、具体的な指導の実例を紹介しながら、現在の帰国枠・一般枠入試のシステムの概要と今後のトレンドを予想し、今後の進路方針を決定するに当たって、海外生が受験で成功させるための視点と対策を提示しました。

IMG_3902

グローバル化の流れを常に読みながら、新しい教育のあり方を提供することをコンセプトとしているオービットだからこそご提供できるセミナーだったかと思います。

今後の教育は、2020年をターゲットに様々な変化があり、それに伴い入試も変化していきます。従来型の受験準備ではもはや対応できないことを肝に銘じていただき、シンガポールの理想的な学習環境を活かしてほしいと思います。

 

※終了後のアンケートから(一部抜粋)

・日本の中学・高校・大学入試に関するトレンド、入試概要等について、大変わかりやすく説明頂き、助かりました。

・受験に関する知識が豊富でわかりやすく、大きな流れが理解できました。これから子どもにどう働きかけたらいいのか、なんとなくわかりました。

・まさに企業が求める動きを各学校レベルで対応を開始したと率直に感じました。ありがとうございます。

・今の受験の実態がわかって勉強になった。

・とても参考になりました。これからのことを考える機会になりました。

・今、小3生でまだ進路に関してはっきりとしたプランはないが、日本での進学について情報が得られ、とても有意義でした。

・大学入試への大きな変化がわかってよかった。知らないでいたら、親世代の経験を押しつけていたと思う。

・中学入試、高校入試と帰国時期の分からないなか、帰国入試型にしぼる!と指針が立ちました。

・グローバル社会の中で生きていく上での進路を考えていく必要があるのだと実感致しました。貴重なお話をありがとうございました。

ページトップへ