教室ブログ

HOME > 教室ブログ >  > 現地体験プログラムを実施しました

教室の日々

現地体験プログラムを実施しました

2018.03.30

今回の春期講習のなかで、小学生向け英語特別講座として毎回大人気の「現地体験プログラム」を実施しました。これは、日頃オービットの授業で学習している4技能型の英語を、実際に「アカデミックに」使う体験をするいわば「英語で行う社会見学」です。

シンガポールの様々な施設を訪問、見学し、英語での質疑応答を通して、実用英語の学習とともに、貴重な異文化体験をしてきました。

■1日目 National Library

シンガポール国内にある26の図書館のうち、今回訪問したNational Libraryにのみ設置されている、サスティナビリティがテーマの児童向け蔵書コーナー「My Tree House」にて、自分のお気に入りの本人に紹介するアクティビティを行いました。ネイティブ講師からは、フィクションとノンフィクションの違いについて解説をしてもらいました。

resize_DSC03386

 

■2日目 Kong Guan Biscuit Factory Tour

アジアにも展開している菓子製造会社Kong Guan Corporationの企業説明から始まり、ビスケットの材料の説明、製造工程、パッケージングなどについて学びました。初めて見る巨大なオーブンに興味津々の生徒たちでした。英語での質問コーナーでは「一日に何枚のビスケットができるの?」などの質問が出てきました。

resize_DSC03390

 

■3日目 Singapore Science Centre

館内には宇宙セクション、生き物セクション、エネルギー資源セクション、人体セクション、電気工学セクションなど様々な分野のエリアに分かれており、生徒たちはグループに分かれて、それぞれの興味があるエリアでアクティビティを楽しみました。

resize_DSC03400

 

この「現地体験プログラム」は、「英語で行う社会科見学/異文化体験」です。グローバル人材に必要なアカデミックな英語力と、異文化理解・適応力の伸長を促進する絶好の機会になっています。テストや英検のためだけの英語学習ではない、役に立つ実用英語を実践するこの講座、今後も実施を予定しています。オービットの英語講座と併用することで、ぜひ実践的な4技能英語力を効果的に身につけてください。

ページトップへ