教室ブログ

HOME > 教室ブログ >  > 教育セミナー「子供の学力を伸ばす学習・壊す学習とは?」レポート&参加者の声

説明会・セミナーレポート

教育セミナー「子供の学力を伸ばす学習・壊す学習とは?」レポート&参加者の声

2014.01.28

1/26(日)に新春教育セミナー第3弾「子供の学力を伸ばす学習・壊す学習とは?」を実施しました。

今回のセミナーでは、社会の変化に伴う教育トレンドが変化しているにも関わらず、多くの学習塾や教材、指導法が学力要件の変化に対応できていない実態をご紹介しました。

その後、低学年のお子さまにとっての算数、国語、英語の理想的な学習法について、「考えない算数」を生み出してしまう要因や、言語能力の成長メカニズム、帰国後に伸びる英語力を得るにはどうすればよいか、などのテーマでお話をしました。学力の伸長を阻む誤った学習法の実例もお見せしながらご紹介しましたので、心当たりのある方が多くいらっしゃったようです。

併せて新設の「ガウディアコース」のご案内もさせていただきました。従来の大手プリント演習型の塾とは異なる新しい学習システムですので、保護者の方々もご興味をもっていらっしゃいました。

後々につながる学力の土台を作るためにはどうすればよいか、という観点で低学年時の学習法をご検討いただければと思います。

 

※参加者アンケートから一部抜粋

・だめな学習法の具体例が自分の子供に当てはまるものが多く、反省しつつ、良い学習方法の内容がとても参考になりました。

・算数も国語もイメージでとらえること=真の理解となることが良くわかった。

・国語の勉強の仕方について、イメージ化することが大事ということに共感した。海外にいるとなかなか難しいことだと思うので努力していきたい。

・時代の変化により、求められる要件が変わってきている事が理解できました。

・年齢に合った学習法、内容があり、無視すべきではないとよく分かりました。

・海外にいる小学校低学年の気をつけなければいけない学習法など、とても勉強になりました。

ページトップへ