教室ブログ

HOME > 教室ブログ >  > 「シンガポールからの中学高校入試・編入の基礎知識」セミナーを実施しました

説明会・セミナーレポート

「シンガポールからの中学高校入試・編入の基礎知識」セミナーを実施しました

2017.06.08

5/14(日)に教育セミナー「シンガポールからの中学高校受験・編入の基礎知識」を実施しました。シンガポールに新しく赴任された方から毎回実施のご要望の挙がるオービットの教育セミナー。今回もたくさんの新規赴任者の方のご参加をいただきました。2時間という長時間でしたが、最後までメモを取りながら熱心に耳を傾けていただいた姿に、海外生専門進学塾「オービット」に課せられた使命として、今後もシンガポール在住の保護者の方にとってお役に立てるような情報発信をしていきたいと改めて肝に銘じました。

 

ワールドクリエイティブエデュケーショングループ代表の後藤敏夫からは、日本を取り巻く教育の激しい変化を踏まえ、「受験だけの勉強を減らす」「英語『を』勉強するのではなく英語『で』勉強する」といった時代の変化を見据えた教育や学校の選択の重要性と必要性を提唱しました。

resize_DSC00403 resize_DSC00408

 

教室長の満仲孝則からは、大学入試センター試験の廃止などの大学入試改革や、小学校での英語教科化などの教育制度改革が、中学・高校受験に及ぼす影響を踏まえ、これからの時代に求められる学力像・生徒像を具体的に提示しました。
そして、求められる学力を身につけるための方法論として、帰国時期のタイミング別に想定される進路の選択肢と、シンガポールからの中学入試における一般枠・帰国枠のそれぞれのメリット・デメリットを踏まえ、在星保護者の方が採るべき今後の具体的指針をお話しました。また、あまり情報がないといわれる中学編入についての実態と対策もお話しました。

resize_DSC00409 resize_DSC00426

 

教務主任の浜田昌樹からは、現在の高校入試問題のトレンドを分析し、特に難化する英語を見据えた受験を成功させるための戦略について、実際の過去の生徒の具体的事例を紹介しながらお話しました。
また、学齢別・日本人学校・インター校別・科目別に、国内とは異なるシンガポールの学習環境を強みにする具体的な受験準備と対策を提示しました。
そして、具体的な学校選択にあたって、帰国生が伸びる学校、つぶれてしまう学校の見極め方についてお話しました。

resize_DSC00449 resize_DSC00453

 

海外生にとっての受験は、国内生の受験とはシステムも準備方法も全く異なります。同じ海外生であっても、日本人学校生とインター校生とでも異なります。日本人学校生、インター校生いずれの生徒の受験指導も実践してきたオービットならではの情報を提供させていただきました。これからの入試制度の変革の展望をも踏まえつつ、今後の進路方針の決定とその準備の参考にしていただけたのではないでしょうか。

セミナー終了後、早速、何件か入会カウンセリングのお申込をいただきました。
おかげさまで「オービットは教育情報の発信の質・量がシンガポール随一」との評価を各方面からいただいております。今後もオービットは在星保護者のためにお役に立てる情報を積極的に発信してまいります。

 

※セミナー後の参加者アンケートから(一部抜粋)

・中学受験が子供のタイプによるという話は参考になった。

・英語学習の重要性を再確認しました。中学編入のお話がとても参考になりました。

・高校受験の知識が全くなかったので、大変わかりやすく参考になりました。上の子で中学受験は経験しているので、比較できたことも興味深かったです。

・とても貴重な話を聞けました。

・実例(問題)をまじえて、今後の教育改革や入試の方向等、説明いただき、よく理解できました。

・セミナー参加は初めてなので色々話が聞けてよかった。

・中学・高校と関連づけてお話して下さったので、よく理解できました。受験が2020年に変わることも知っていますが、私自身の考え方も変えていかないと子どもと話ができないとあらためて考えさせられました。ありがとうございました。

・いつもながらためになる情報、そして受験がゴールではない、真のグローバル人材教育に注力されている姿勢にたいへん共感いたします。ありがとうございました。

ページトップへ