教室ブログ

HOME > 教室ブログ >  > 【OB来校】受験勉強と英語学習の両立

卒業生レポート

【OB来校】受験勉強と英語学習の両立

2017.01.11

今年の冬期講習中もたくさんのオービット卒業生が訪問してくれました(講習授業中であることが多く、ゆっくり話をしたり写真を撮ったりできなかったのが残念!)。その中から2014年度の卒業生、佐藤洸誓くん(筑波大学附属駒場中学2年)をご紹介します。

resize_dsc07964

佐藤くんは小3~6の間、日本人学校小学部チャンギ校に在籍。オービットでは、3は3Jβコース4はβコース、小5・6はNコースで受験準備をしつつ、同時にPre-Advanced / Advanced English」で英語学習も取り組んでいました。

その結果、中学受験では、進学先である筑波大学附属駒場中をはじめ、駒場東邦中、海城中に合格小5には英検2級も取得し、受験勉強と英語学習を両立させていました。現在、学校でも英語はトップクラスとのことです。

 

進学先にも大変満足しており、特に「水田学習」での稲の栽培が「日本でしかできないこと」と考え、楽しんでいるようです。

また、シンガポールでの生活が懐かしいらしく、「日本ではできない体験を多く出来た」と考えていて、「海外にいると日本にいるときと違ったものの見方ができると思うから」という理由で、将来海外でも活躍したいと語ってくれました。

 

教室訪問時には、講習授業中の先生たちと入れ替わり立ち代り近況報告をしていましたが、その合間にオービットの中2数学のβ1クラスで扱った、東大入試理系数学(!)の整数問題を出題され、Y先生に挑発されながらも取り組み、見事解き切っていました。意地になりながらも楽しんで取り組む姿は、オービット在籍時と全く変わりませんね!

 

最後に、シンガポールで勉強している「現役」の小学生に向けてメッセージを書き残してくれました。

「進学先を考えるときは、学力面だけではなく、自分に合っているかどうかをしっかりと見極めることが大切です。せっかくシンガポールに滞在しているのだから、勉強だけではなくシンガポールでしか経験できないことをたくさん経験してください。きっと将来役に立ちます。塾で言うような内容じゃないかもしれませんが(笑)。」

 

語学だけではない国際的な体験と受験勉強を両立し、悲壮感を漂わせずに「楽しそうに」勉強していた彼らしいメッセージだと思います。

佐藤くん、訪問ありがとう!またご報告をお待ちしています!

ページトップへ