オービットの強み

HOME > オービットの強み > オービット生の声

オービット生の声

卒業生

長谷部晶大くん

長谷部晶大くん OFSを2012年6月卒業

合格校:
大阪大(基礎工)、早稲田大(基幹理工・教育)、東京理科大(工)
オービットでの受講講座:
IB-Math、TOEFL、大学入試小論文

「一生使える勉強法を学ぶことができました。」

(2013年5月付)

■ オービットとの出会い

中学入学と同時に来星したので英語が全く話せない状態でした。入学する学校について海外教育プランナー「ワールドスクエア」に相談したところ、「オービット」を紹介され今後の学習法、進路について親身に相談に乗ってくれたので入塾しました。

■ オービットの授業を振りかえって

特に印象に残っているのは、生徒が授業に参加しながら進行するスタイルです。先生方が一方的に話すのではなく、1人ひとりの個性を引き出しつつ、頻繁に生徒に話題を振り、意見を求めるスタイルでした。中学の頃から考える癖をつけることで、教科書の内容に対して常に「なぜ?」と考え、インターネットで調べたり、先生方に尋ねたりして解決することで「知識」へと変えることができました。オービットでは受験テクニックではない「一生使える勉強法」を学ぶことができました。

■ IBの苦しさ

IGCSEからIBに変わったとたんに成績が一気に落ちました。G10までの勉強がウソであったかのように難しくなり、テストやレポートで求められる質も上がったからです。そこで、オービットの先生にクォーターごとのスコアを見てもらい、そのアドバイスをもとに学習計画を決めました。また、保護者面談を通して、親と自分の間をうまく取り持ってくれたこともありました。IGCSE やIBなどの精神的に不安定な時期や、親と自分の認識がずれていたときなどはとても助かりました。おかげでG12ではレポートで最高評価をもらえるようになり、無事にIBディプロマを取得することができました。

■ 卒業後は…

オービットと提携している代々木ゼミナールに入学しました。苦しかったのは勉強だけではなく、意外にも出願準備や面接練習が大変でしたが、自分の将来に関わる学部学科の選び方などの質問サポートも万全でした。オービットに近い雰囲気でしたので直前の追い込みに集中することができました。

■ 在生インター校生へのメッセージ

大学受験はG10から始まっています。なぜなら帰国枠大学受験には書類審査があり、学校やTOEFLのスコアが必要だからです。後悔しないよう早い時期から戦略的な準備が必要です。そのためにも、自分が将来何を勉強したいか、どんな職業に就きたいかをできるだけ早くから考えることが重要です。

現・塾会員

高田彩未さん

髙田彩未さん

在籍中学:日本人中学校 1年生

「多様な生徒たちの中での「受験」を超えた学習!」

(2013年12月付)

■ インター生との交流

オービットの良さは何と言っても、日本人学校生とインター校生が混ざっているところです。自分は日本人学校生ですが、インター校生の体験談や意見を聞くことにより、インター校での国際的な体験も味わえるので、刺激を受けています。

■ 文法学習がスムーズに!

オービットでは受験英語文法を学習するクラスとは別に、Upper-Advanced Englishというクラスがあります。ネイティブの先生とフォーマルな会話表現、日本人の先生とアカデミックな長文読解の練習をします。会話表現の練習では、先生の質問に対して、今まで学習したことを組み合わせて返答を考えることがとても役に立っていると思います。長文読解では、ボキャブラリーが難しくて大変ですが、様々な表現を文法学習で触れるより先に体験できるので、文法学習もスムーズにこなせるようになります。小学5年生からオービットで学習している「単なる受験勉強ではない英語」が中学生でも継続できるので、将来のアドバンテージにつながると思い、頑張っています。

■ 応用も問題なし!

数学・国語の授業では、テキストに載っていない発展的な問題を使って新しい視点を与えてくれるので、理解しにくいこともしっかり理解できるようになります。それによって、総合考査の応用題にも難なく対応できる力がついていると思います。オービットは勉強の楽しさを知りたい人に向いている塾だと思います。

玉生直樹くん

玉生直樹くん

在籍小学校:ISS G6(小学6年)

「インター校初心者の僕でも安心」

(2013年12月付)

■ きっかけはESLサポート

塾をオービットに決めたのは、「ESLサポート」というインター校に入学したばかりの生徒のための英語と、国語・算数をセットで学べる環境だったからです。

■ 英語が「実際に使えるレベル」に

インター校に入ったばかりの自分は学校での英語の理解に苦労をしていました。ネイティブ講師と日本人講師の組み合わせによるESLサポートは、学校ですぐに役立つ文法を「実際に使えるレベル」までしっかりと教えてくれるので、非常に役立ちます。インター校では文法を基礎から学習しないので、もしESLサポートに通っていなかったら、学校の英語でもっと苦労していたと思います。インター校に入って英語で苦労している生徒にはお勧めの講座です。

■ 双方向の授業形式

オービットの授業では、あの手この手で完璧に理解するまで教えてくれます。皆の積極的な発言を引き出しながら、みんなで考えていく進め方は、聞いているだけの一方通行の授業ではないので、時間を忘れるほど楽しいです。国語・算数では、日本人学校生とインター校生がいっしょに勉強しています。インター校生である自分にとっては、「日本の勉強にも遅れていないぞ」と安心できます。とくに算数については、父も「大人になっても役立つ考え方だ」と言っていて、将来にもつながると思って頑張っています。
インター校での学習や受験を熟知している先生たちは、高校受験を目指す自分に必要なことを全て教えてくれていると思います。

茨木菜実さん

茨木菜実さん

在籍中学:UWC G9(中学2年)

「多様性のある環境で、刺激的な時間を過ごしています!」

(2012年12月付)

■ Diversity(多様性)を体現する環境

オービットのいいところは、日本人学校生とインター校生、受験生と非受験生が混ざっていることだと思います。色々な学校の生徒がいて、休み時間に話す話題はもちろん、授業中の話や今後の進路に関しても多様性があって、非常に刺激的な時間が過ごせます。他のインター校に通う生徒や、日本人学校の生徒とも仲良くなれるし、それぞれが目指す目標が違うにも関わらず、お互いに尊重し合って競争できる素晴らしい環境だと思います。

■ ポジティブな先生たちに囲まれて

オービットの先生たちは、元気で熱心で明るいのが特徴です。厳しい中にも楽しさがあって、嫌なことがあっても忘れさせてくれることもあるぐらい、ポジティブな気持ちにさせてくれる先生たちです。オービットに通ってから、学校成績にも変化がありました。特別得意な科目でもなかった数学では現在学校で一番上のクラスに在籍していますし、国語も今では完全に苦手意識も消えて、GCSEのJapaneseでも全く不自由せずに楽しめるレベルになりました。インター生のための英語クラスであるIGクラスでも、読まされる文章の内容のレベルが高いので知識もつき、また語彙量も豊富なのでインター校でも役に立ちます。

■ インター校生でも安心

インター校生として、特にオービットがすごいと感じるのは、数学・国語・英語以外の学校の課題についても質問できるということです。インター校の理科や社会の課題について相談できる先生がたくさんいて、自習しているときでも、気軽に先生を呼び止めて質問することができます。
小学校6年生のときに、他の塾から移ってきましたが、本当にオービットに来て良かったなと思っています。学校の成績が上がっているのはもちろんですが、いろんな背景、いろんな目標を持っている生徒と交流できることが私のシンガポール生活を豊かにしてくれていると思うからです。

米山慎平くん

米山慎平くん

在籍中学:日本人中学校 クレメンティ校 小学4年

「勉強が楽しくなりました!」

(2012年12月付)

■ 楽しい雰囲気で勉強ができる!

オービットには、内容が分かりやすく、話も面白い先生がたくさんいます。僕が通う塾を決めるとき、楽しく勉強ができる塾がいいと思っていました。オービットに決めた理由は、先生の教え方がわかりやすく、解き方そのものが面白かったのと、明るい雰囲気が良かったことです。

■ 刺激的なライバル

授業は楽しく、発言しやすい空気があって、全く退屈になりません。オービットには勉強ができる人がたくさんいるので、そのようなライバルたちに負けないよう積極的に手を挙げたくなります。算数は次々と新しいことが出てくるので楽しく勉強できるし、英語で習う単語もいつも新しいものにあふれていて楽しいです。オービットでの勉強がどんどん先に進むので、学校での勉強がすらすら解けるようになりました。

■ 英語クラスの特徴

オービットの英語クラスはすごく特徴のあるクラスだと思います。日本人の先生とネイティブの先生が交代で授業を担当するのですが、同じ分野の学習を日本語と英語の両方で習えるので、「なんとなく分かる」英語ではなくて、「はっきり分かる」英語を勉強できるのです。先生たちのコンビネーションは抜群だと思います。
自分は特別勉強が好きなわけではないけれど、オービットだと楽しく勉強できるような気がします。そんな気持ちにさせてくれる素晴らしい塾だと思います。

ページトップへ